座談会(経験者)

未経験者はこちら

司会:今日は就職活動中の皆さんに、あすか税理士法人のことを知って頂きたいということで、お集まり頂きました。
どうぞ宜しくお願いします。

全員:宜しくお願いしまーす。

あすかとの出会い

お二人とも別の会計事務所を経て、あすかに転職されましたが、それにはどのような背景があったのですか?

私は、将来的に独立しようと思っていたので、経験値を上げたかったというのが一番の理由です。
1つの事務所しか経験していないと、そこのやり方しか知らないということになってしまうので。
また、経験が豊富な先輩が多い事務所で働くことで自分を磨きたかったのもあり、人材紹介会社の大原キャリアスタッフ様に「いい事務所があるよ!」と紹介して貰ったのが、あすかとの出会いです。

私は、あすかの前に2つ事務所を経験したんですが、最初の事務所は、残業が凄く多く、繁忙期になると休みがあまり取れず、勉強をしたくても出来ない状態でした。次の事務所は、残業が無く勉強時間は確保できたんですが、オーソドックスな仕事しかなかったので、3年もいると、もっと他の仕事の経験を積みたいなと感じていました。 人材紹介会社のMS-japan様に友人が勤務していたので、規模の大きなクライアントを担当したいということと組織再編を経験したい気持ちを伝えたところ、あすかを紹介されたんです。

あすかってどんな事務所?

なるほど。それで、あすかで仕事をしてみて、どんな感想を持ちましたか?

大規模クライアントは複数担当者制を導入していることが一番驚きました。それまでの経験では、クライアント担当は1人でするモノだと思っていましたので。

その辺りは、あすかが会計監査の現場を経験した公認会計士により創業された事務所であることに起因しているかもしれないですね。監査を受ける会社って基本的に規模が大きいので、分業で作業を進めていきますからね。

顧問先の業種が偏っていないというのも特徴的だと思いますね。
入ってみてから感じたことですけど、やっぱり業種が偏っていると知識や経験も偏ってしまうなあと思いますし。それに、あすかはクライアントの年間売上が数百万円〜千億円程度と非常に幅が広いですよね。
それによって仕事の進め方とか必要なスキルも異なってくるので、勉強になるなと感じました。

あすかはクライアント紹介会社を利用しない方針で、各パートナーのご縁とか既存のクライアントの皆様のご紹介で発展してきましたし、お願いされたお仕事は断らないので、そういう特徴が出ているんだと思います。

だから、クライアントに“こんなサポートがしたい!”というような思いがある人は向いていると思いますね。
会計事務所によっては、事務所トップの意向が色濃く反映されて、その意向に沿ったことしかできない(お金にならないことはやらない)ケースもあると思うんですが、あすかではクライアントの為になることは基本的に何でもやろうというスタンスですからね。

逆に、知識や経験を積みたいという人には向いていない?

そんなことはないと思います。
ただし、自分の知識や経験を積みたい「だけ」の方は、All For Clientsの経営理念を共有しづらいと思いますので、あすかには向いていないかも知れません。

あと、小規模な事務所では経験できないことが経験できる事務所とも言えますね。上場企業を担当するとか海外出張に行くとかいうことを若い時に経験できたのは、他の事務所にいたら、できなかっただろうなと思います。

確かに、あすかに来るまでは想像もしていなかった仕事をしているような気がするね。

あすかに来て、これは参ったなあと思ったことってあります?

Excelの利用頻度の高さ、ですね。。。スキルが全く足りていないことを痛感させられました。
あすかに来る前は、それなりに使えると思ってましたから。「Σ(シグマ)」とか「名前を付けて保存」とか…。

それ、だいぶ薄いですよ(笑)

小規模なクライアントを担当している時は、それまで自分が持っていたスキルで対応できたんですけど、少し大きなクライアントを担当するようになった時にこういうスキルって絶対必要だなあと感じましたね。

私は作る書類の多さにびっくりしましたね。この規模のクライアントでこんなに調書(※)作るの?って感じでした。会計システムから元帳と消費税の集計表くらい出力したら、申告書は書けるでしょって最初は思っていましたから。
(※)あすかでは、クライアント毎に「調書」と呼ばれる決算申告内容を網羅的に把握した書類を作成しています。

パートナーになって申告書のチェックをする立場になってみると、調書がないと担当者の処理を信じるしかなくなってしまいますし、担当者が変わる際の口頭での引継には限界があり、顧問先にご迷惑をおかけすることになりますからね。調書を作ることでサービスの質を一定レベルに維持しているということは言えるかと思います。
ただ、会計事務所経験者の人は、みんな最初調書に面喰ってしまうと思いますし、その調書を作る過程で結構上司に怒られるというのも衝撃的かもしれませんね。

一般の会計事務所って、いい意味でも悪い意味でも任されているんでしょうね。

経験者の方があすかに転職されて担当を持った時に調書の存在って大きいと思いますよ。私の経験だと、担当先の去年の元帳を見て、今年はどんな決算を組んで申告書を書こうかということをイメージするしかないんですけど、調書があるお陰で前任の担当者が去年どんな決算を組んでいたのかすぐに理解できるという面はあると思います。

税務調査の調査官が調書のコピー欲しがるくらい決算の内容がよく分かるらしいですもんね(笑)

この業界、結構「見て盗みなさい」ってところが多いと思うんですけど、あすかでは放置されることがないっていうのはありますよね。執務室にパーテーションもなく質問がしやすい環境ですし、税法の取扱いとか上司に聞いても教えてくれない(教えられない?)事務所もあるらしいですが、あすかではコンメンタールやホワイトボードを使って先輩が説明してくれます。
専門家としてのプライドを持って仕事をする人が多い事務所だって自負はありますね。

税務署とかに事前相談もあまり行かないよね?

仮定の話ですけど、税務署の方が間違った見解を出して納税者が不利益を被ったとしても、税務署に文句は言えないですからね。だから、自力で調べた情報に基づく自分達の見解をしっかり持ち、クライアントとも税務リスクを共有しておかないと我々が存在する意味がないんですよね。

座談会の様子

将来像について

税理士個人としての将来像を聞かせてください。

いわゆる古いタイプの税理士とは一線を画したいと思いますね。

古いタイプの税理士というと?

記帳代行して決算書と申告書を作成するだけで報酬を頂く形って、今AI(人工知能)とかが話題になっていますけど、将来的には無くなっていくサービスのような気がするんです。
だから、高い付加価値を提供できる税理士、例えば、組織再編税制など高度な税制を駆使したプランニングができたり、税額軽減することをしっかり検討できる税理士を目指したいと思っています。

個人的には税理士の仕事って会社経営のサポートだと思っているので、会社や社長の近くでそれができる存在になりたいなと思います。
当然税金もサポートの1つの形ですが、私が今国際税務に注力しているのは、一般的に国際税務が日本の税理士が弱い分野で、会社の方々が税理士を頼ろうにも、なかなか頼れる事務所がないという状況だと思うからです。
なので、世の中の流れが変われば、また新しい業務に挑戦することになると思いますし、要は、この人に相談すれば、どんなことでもある程度の道筋がつけられるなと思って頂ける存在を目指しています。

あすか税理士法人の将来像というと、どんな感じになるでしょうか?

先程付加価値を提供できる税理士になりたいと言いましたが、税理士が提供できる付加価値には色々な形があると思うので、色々な得意分野を持つ税理士が集まることで複合的により質の高いサービス提供が出来る税理士法人を目指していきたいと思いますね。

私も同じで、誰か1人の能力が突出しているのではなく、色々な柱を持った税理士が理念を共有して、ベーシックなものからハイレベルなものまで幅広いサービスを提供できる「プロ集団」を目指したいですね。

税理士法人の制度(パートナーシップ制)の本質って、まさにお二人がおっしゃっていることだと思いますね。

あすかが求める人物像

どんな方にあすかに来て頂きたいと思いますか?

さっき、専門家としてのプライドって話をしましたけど、資格の有無に関わらず一定レベルの仕事ができる人はみんなプライドを持って仕事をしてくれていると感じていますし、そういうプライドを持てる環境なんだと自負しています。だから、今はそんな自信がなくても、プライドを持って顧問先にこんなサービスをしていきたいけどできていないと感じている人には是非来て頂きたいと思いますね。
あと、新しい仕事とか自分が見たこともない仕事にチャレンジしたいと思う人も是非手を挙げて欲しいですね。

こんな税理士になりたいという将来像がある人に是非来て頂きたいですが、今それを持っていなくても、将来持てるだけの土壌があすかにはあると思いますので、何か内に秘めた熱い思いのある人であれば大歓迎ですね。
経験者の方であれば、その経験を活かしてどんどん仕事にチャレンジして欲しいと思いますが、その一方で、自分が足りてない部分にも気付くことができると思うので、そこは謙虚に学ぶ姿勢も併せ持って欲しいと思います。

とにかく、採用面接の時に、皆さんの熱い思いを聞かせてくださいね。